京都、滋賀での在留資格・ビザ申請・取得・変更・更新をサポート!京都市内出張無料!

外国人を雇用する

  • HOME »
  • 外国人を雇用する

日本に在留する外国人は、滞在目的に応じて、出入国及び難民認定法(略して、入管法)で定められた在留資格を1つ保有しています。外国人が保有する在留資格の種類は在留カードで確認することができます。

外国人を雇用する場合、様々な申請が必要です。

例えば留学生として来日していた人を採用した場合、在留資格を「留学」から、「人文知識・国際業務」などの就労できる在留資格に変更するなど、在留資格を変更しなければなりません。

また、在留資格が永住の外国人以外は、在留期間も決められています。そのため在留期間が満了する前に在留期間の更新申請をしなければなりません。

このほかにも、外国人が転職した場合、住所を変更した場合など、様々な届出が必要です。

しかし外国人を雇用する会社では、在留に関する手続きを本人に任せきりにしているところが少なくありません。

たとえ日常生活や日本語に不自由しない人であっても、日本の在留制度やその手続きまで、正しく理解していないケースもよくあります。

 

もし必要な申請や届出を怠ると、次の在留期間の更新申請時に何らかの影響があることも考えられ、雇用する会社もせっかく採用したのに短期間で国に帰ってしまうなど、ダメージを受けることになってしまいます。

そうなる前に、一度専門家にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 075-632-5075 10:00~22:00
(土・日・夜間は事前にご予約下さい。)

PAGETOP
Copyright © 行政書士梶川法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.