下記セミナーにて登壇させていただきます。

インバウンドに関わる方で外国人雇用をお考えの方は、ぜひご参加ください。

現在日本では多くの業界で人手不足が深刻な問題となっています。右肩上がりに訪日外国人が増え、好調であるインバウンドにおいても同様に人手不足に悩む事業者が多く見られます。

既に多くの報道がされていますが、今年4月より改正入管法が施行され、新たな在留資格「特定技能」が運用されることになりました。これにより今まで外国人材の雇用が難しかった業態でも雇用できる可能性が高まっています。

特に外食や宿泊事業でも特定技能の雇用が可能となったことはインバウンド事業に関わる方にとっても大きな影響があることでしょう。

今回は外食、宿泊、小売事業を対象に、現状の在留制度での雇用の可能性と、新たに始まる在留資格「特定技能」での雇用について、入管業務に携わっている行政書士がお話しします。

また外食では食品衛生法の改正によりHACCPに沿った衛生管理も求められますが、こちらについてもお話しいたします。

✔︎外国人の雇用を検討されているインバウンドビジネスをされている方

✔︎既に外国人を雇用しているが、法改正でどのように変わるか知りたい方

✔︎小規模飲食店でのHACCPに沿った衛生管理を知りたい方

このような方はぜひご参加ください。
***********************************************************
【日時】2019年3月19日(火曜)19:00〜21:00

【会場】大阪市立総合生涯学習センター 第3研修室
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階

https://osakademanabu.com/umeda/access

【定員】30名(先着順)

【参加費】2,000円(税込)

【申込方法(以下の内いずれか)】
①このサイトのお問い合わせよりご連絡をいただく。
②協議会メンバーもしくは、info@kansai-muslim.orgまでご連絡頂く。

【主催】
一般社団法人 関西ムスリムインバウンド推進協議会