外国人と結婚する場合 1

外国人と結婚する場合、日本人同士の結婚とは多少手続きが異なります。

特に結婚して日本で暮らす、となったら在留資格(ビザ)の手続きが必要だからです。

日本人と結婚したら在留資格(ビザ)が自動的にもらえるわけではありません。

必ず手続きするようにしてください。

日本人と結婚した配偶者が申請する在留資格は「日本人の配偶者等」というものになります。

 

在留資格(ビザ)の手続きをする前に。

近年は結婚といっても事実婚や同性婚など、様々な形があります。

しかし外国人が日本人と結婚し、在留資格を取るには「法律婚が成立していること」が必要です。

 

法律婚というのは「婚姻届けを出し、法的に婚姻が認められている」状態を指します。

日本だけでなく、相手の母国においても手続きされている必要があります。

 

また、現在日本では同性婚は法的には認められていません。

そのため相手国では同性婚が認められていたとしても、日本では認められていないため配偶者としての在留資格(ビザ)は難しく、他の在留資格での認定を検討することになります。

 

最近同性婚のカップルに在留資格が認められました。

このケースは日本での滞在歴や、滞在中の態度など、様々な要件が重なって認められたものです。

このケースにより「日本でも同性婚での配偶者ビザが認められるようになる」と考えるのは早計でしょう。