就労ビザとは?

日本に滞在する外国人は、その滞在目的に応じた在留資格を一つ持っています。

この在留資格の中でも「日本での就労を目的としたもの」を、一般に「就労ビザ」と呼ばれています。

「就労ビザ」があれば、どんな仕事でもできるのか?

就労を目的としたビザ(在留資格)は、それぞれの仕事の内容により、さらに種類が分かれます。

例えば、語学学校の講師とインド料理店の調理師は、違うビザを持っています。

入国管理局へ申請する際は、仕事の内容に沿った種類を申請することが必要です。

「就労ビザ」の種類

よくある業務内容別に分類しました。

※弊所が運営する就労ビザ専門サイトの該当ページがリンクされています。

貿易事務、営業、広報、企画等オフィスワーク

SE、グラフィックデザイナー等IT系、デザイン関係

語学学校講師、通訳翻訳業務

インド料理やタイ料理など、外国料理専門店での調理

旅行やホテルなど観光関係

介護スタッフ

外国人を雇用するときに考えること。

ビザ(在留資格)の申請の際に大切なことがあります。

それは、仕事内容に関連する分野で実務経験があったり、大学等で関連する分野を学んでいるか?ということです。

全く調理経験のない人が調理師として申請したり、情報処理などを学んだことのない人がSEとして申請しても、実務経験や関連性がない、として許可されない可能性が高いでしょう。

全く経験のない外国人を雇用する場合

外国人のビザ(在留資格)には、就労について制限がないものがあります。

日本人と結婚した人が持つ「日本人配偶者等」や、「永住者」などです。

こういった就労制限のないビザを持つ人であれば、実務経験や関連分野での学習経験がなくても就労できます。