近年の訪日外国人の増加に伴い、ムスリム(イスラム教徒)を受け入れようとするお店も増えています。

私が京都支部長を務めている「関西ムスリムインバウンド推進協議会」の情報共有会にも飲食店や宿泊施設を運営されている事業者さまが多数参加いただいています。

そこで皆様が悩まれるのは、まず何をしたらよいのか?です。

ムスリム対応というと「ハラール認証の取得」を考えられる方も多くいらっしゃいます。

今国内には沢山のハラール認証を行っている団体がありますが、実はハラール認証の基準は統一されていません。

では、何を基準に考えたらよいのか?

そんなときにお勧めなのは、観光庁が出している「ムスリムおもてなしガイドブック」です。

こちら⇒

このガイドブックを参考に、まずは「ノンポーク、ノンアルコール(豚肉や豚由来の製品を除く、アルコールの提供やアルコールの入ったものを使わない)」からチャレンジしてみてください。

 

またムスリムの知人や友人がいる場合は、直接聞くとよいでしょう。

当たり前ですが、ムスリムの受け入れ体制を整えたいなら当事者であるムスリムの意見を大切にしましょう。