在留資格(ビザ)の一つに「技術・人文知識・国際業務」というものがあります。

 

「国際業務」とは?


通訳や翻訳業務は「国際業務」に含まれます。
他にも語学の指導などが該当します。

国際業務とは一言で言うと、「外国に特有の文化に根ざす、一般の日本人が持っていない思考や感受性が必要」な業務です。
ただ単に外国人である、というだけでは足りません。。

 

雇用主(会社)が考えなければいけないこと

上記のような点が満たされていれば国際業務となる可能性は高まります。

しかし業務内容だけでなく、雇用主(会社)がその業務を必要としている、という点も証明しなければなりません。
例えば海外取引を行っている、外国人がターゲットの事業であるなどを証明する書類が求められます。