在留資格とビザは、違うものです。

よく就労ビザとか言われますが、これは就労できる在留資格のことです。
私自身お仕事の時も、在留資格というよりビザと言ったほうが理解してもらいやすいので、便宜上ビザと言うことが多いです。

「在留資格」と「ビザ」はどう違うのか?

まずは「ビザ」について…

ビザは「日本語では査証」と呼ばれ、海外にある日本大使館・領事館が発行します。

ビザ(査証)とは、日本大使館や領事館が「この人の持つ旅券(パスポート)は有効なものであり、この人を日本に入国させても問題ない。」と判断した場合に、パスポートに押印してくれます。
いってみれば推薦状のようなものですね。

次に「在留資格」です。
在留資格は管轄の入国管理局が発行します。
その人がいつまで日本にいて良いか?どんな活動をして良いか?が決められています。

「在留資格」と「ビザ」には、このような違いがあるのです。