在留資格(ビザ)の種類によって、就労できるもの、できないものに分かれます。

一般に就労ビザとは、就労可能な在留資格を指します。

ただし、就労可能といっても仕事の内容については制限があるものがほとんどです。

実際にどのようなお仕事をされるのか?により、その内容に適した在留資格を取得することになります。

 

 

ざっくりと分けると以下のようになります。

就労可能なもの
・経営・管理
・法律・会計業務
・医療
・研究
・教育
・技術
・人文知識・国際業務
・起業内転筋
・興行
・技能
・永住者
・永住者の配偶者等
・定住者
・日本人配偶者等

就労不可のもの
・文化活動
・短期滞在
・研修
・留学
・就学
・家族滞在