日本で働くためには、適切な在留資格をもっていなければなりません。

在留資格には就労が可能なものと、不可のものがあります。また、就労が可能でも職種によって制限があるものと、ないものがあります。

どんな在留資格があるのか?

一般の企業で雇用される場合は、以下の在留資格を検討されることが多いです。

「技術・人文知識・国際業務」⇒システムエンジニア、通訳、翻訳など

「技能」⇒コック

 

いずれの資格も該当の技術・知識に関連する科目を専攻して大学卒業と同等以上の教育を受けている、実務経験が一定以上ある、などの要件を満たさなければなりません。

 

また転職などにより仕事の内容が変わった場合は、新たな仕事の内容に適した在留資格に変更することになります。

 

 留学生や家族は働ける?

留学生として来日している場合、原則はアルバイトなどをすることはできません。

もしアルバイトをしたいのなら、管轄の入国管理局で資格外活動許可を受ける必要があります。また、資格外活動許可をうけても就労できる時間が決まっていますのでご注意ください。

 

「家族滞在」で日本に滞在している場合も、留学生と同じく原則アルバイトなどはできません。資格外活動許可が必要となります。

 就労制限のない在留資格は?

「定住者」、「永住者」、「永住者の配偶者」、「日本人の配偶者等」で滞在している場合、就労制限はありません。