日本人と結婚した場合、在留資格は「日本人の配偶者等」となります。

また、配偶者以外にも「日本人の特別養子」や「日本人の子として出生したもの」も「日本人の配偶者等」となります。

 

「日本人の配偶者等」で申請するときの注意点

・真実の結婚であること。

日本および申請人の国、両方で婚姻が成立している必要があります。内縁の妻や夫は求められませんのでご注意ください。

また近年日本での就労目的での結婚、いわゆる偽装結婚も多くなっております。そのため結婚までの経緯もしっかり説明しなければなりません。

 

・日本での生計の見通しが立っていること。

例えば日本人側が無職で収入がなく、配偶者も日本語が不自由で就労が困難である場合など、日本での収入が低く、経済的に不安定な場合は注意が必要です。

そのような場合、たとえ本当に愛し合って結婚していても在留資格が認められない可能性があります。

 

 離婚したときは…

離婚したり、配偶者が死亡したときは配偶者ではなくなります。以降も日本に滞在したい場合は「定住者」など、他の在留資格への変更手続きを取ります。(必ず変更できるわけではありません。)

 

なおこの資格は、就労制限はありませんが、在留期間が決まっております。更新手続きを忘れないようご注意ください。