外国籍の方が日本で起業、会社を経営するには在留資格の中の「経営・管理」を取得しなければなりません。

現在日本で在留許可を受けている場合

現在お持ちの在留資格を変更する必要があります。

 

Ex.) 留学生として学んでいた人が、卒業後に事業を始める場合

日本のレストランや会社で働いていた人が、独立して自分の店や会社を持つ場合

 

このような場合は、在留資格を「経営・管理」に変更しなければなりません。

 

※弁護士など資格を持っていないと行うことができない事業の場合は「法律・会計業務」となる可能性もあります。ご注意ください。

 

求められる基準

次の基準を満たしている必要があります。

 

・日本国内に事業所があること。

・2人以上の常勤の職員がいること。

・資本金又は出資の額が500万円以上であること。

・事業の経営や管理について3年以上の経験があること。

※上記以外にも入国管理局より求められる場合があります。

 

また事業の内容については、適正に行われ、安定性・継続性のあるものでなければなりません。