京都、滋賀での在留資格・ビザ申請・取得・変更・更新をサポート!京都市内出張無料!

在留資格認定証明書とは?

  • HOME »
  • 在留資格認定証明書とは?

日本に滞在する外国人は、その活動目的に応じた「在留資格」を1つ持っています。

日本で勉強するなら「留学」、日本人と結婚して日本で暮らすのであれば「日本人の配偶者等」といった在留資格を付与されます。

一般的に「留学生ビザ」「結婚(配偶者)ビザ」「就労ビザ」などど言いますが、これは「在留資格」のことを指します。

こういった在留資格を得るためには入国管理局に申請し、在留資格認定証明書の交付を受けなければなりません。

しかし入国管理局のホームページをみても必要最低限のことしか書かれておらず、実際は一人一人の状況に応じ、思っていたよりもたくさんの資料を出さなければならなかったり、追加資料の提出を求められることもあります。また書類を提出すれば必ず許可が下りる、という訳ではありません。

申請が不許可になると再申請のために 貴重な時間、お金、労力を再度費やすことになってしまいます。

そうならないためにも、初回の申請でしっかり準備することが大切です。

申請取次行政書士に、手続きを依頼するメリット

入国管理局への申請は本人が行わなければいけません。しかし申請取次の資格を持つ行政書士に依頼すると、本人が入国管理局に出向く必要がありません。

また普段より申請を行っている行政書士であれば、果たして在留資格が取れる人なのか、どういった書類を用意すればよいのか、といった判断を最新の情報に基づいてすることが可能です。

在留許可申請(ビザ)に関する業務は、申請取次者の資格を持つ行政書士にお任せください。

 

PAGETOP
Copyright © 行政書士梶川法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.